Printer friendly version Share

Event

第22回名古屋メダルセミナー

27 January 2017 — 27 January 2017 Institute of Transformative Bio-Molecules (WPI-ITbM), Nagoya University

名古屋メダルセミナーは、1995 年に創設されました。名古屋メダル組織委員会の選考により選ばれたゴールドメダル、シルバーメダル受賞者による受賞講演が行われています。ゴールドメダルは、国際的に偉大な業績をあげられている合成化学者へ、シルバーメダルは合成化学分野において優れた業績をあげ今後の発展が期待されるRising Star へお贈りしています。今年は、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)のスティーブン・バックワルド (Stephen Buchwald) 教授にゴールドメダルを、北海道大学の澤村 正也教授にシルバーメダルを授与します。

第22回名古屋メダルセミナー

名古屋メダルセミナーは、科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター長・名古屋大学特別教授の野依良治先生とシカゴ大学・中部大学教授の山本尚先生(名古屋大学名誉教授)の発案にて、MSD生命科学財団(旧:万有生命科学国際交流財団)のご支援を受け、1995年に創設されました。 両先生はわが国が国際競争力を維持し、さらに発展するための鍵となる研究領域は「有機合成化学」であるとの強いお考えのもとに、将来を担う若人にその可能性とその面白さ、奥深さを再認識させたいと思われました。 名古屋メダルセミナーでは、名古屋メダル組織委員会の選考により選ばれたゴールドメダル、シルバーメダル受賞者による受賞講演が行われています。 今年は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のスティーブン・バックワルド (Stephen Buchwald) 教授にゴールドメダルを、北海道大学の澤村 正也教授にシルバーメダルを授与します。 バックワルド教授からは「パラジウム触媒による炭素-ヘテロ原子結合反応 (Palladium-Catalyzed Carbon-Heteroatom Bond-Forming Reactions)」と「有機合成における銅触媒による不斉ハイドロ機能化反応 (Copper-Catalyzed Asymmetric Hydrofunctionalization Processes in Organic Synthesis)」を、 澤村教授からは「効率的な有機合成に向けたリガンドの設計 (Ligand Design for Efficient Organic Synthesis)」のご講演をいただく予定です。

http://www.msd-life-science-foundation.or.jp/banyu_symp/symp/nagoya

Attached files

  • 第22回名古屋メダルセミナー ポスター


  • 名古屋メダル受賞者


New Norwegian logo expertsvar 2015 Cambridge grey garduated Science Daily FNSF ad eNEWS-Jan 2017 Elhuyar with Basque